失敗しない弁護士の求人探し方ガイド

弁護士の転職に役立つ求人エージェント徹底比較

企業(金融・商社)

ここでは、企業内での法務を中心に取り扱う企業内弁護士の特徴や採用ニーズを解説します。

企業系法律事務所の特徴

弁護士の転職パターン・企業内法務

法律事務所でファイナンスをメインに経験を積んだ方は、金融機関内の法務部門、コンプライアンス部門等の専門職に転職するという選択肢もあります。

企業内弁護士への転職は「アドバイスをする側ではなく決定する側の仕事をしたい」「相談される前に防げたのではないか」といった自らの経験がきっかけとなるケースも少なくありません。

特に、出産や育児を控える女性弁護士にとってはクライアントの都合や時間軸で仕事をする法律事務所とは異なるワークライフバランスが期待できるのも魅力です。

具体的な業務としては、リーガルチェックやコンプライアンスを中心とした業務が大半を占めますが、なかには、株主総会運営、株式事務、商事法事務、会社法関連業務といった組織運営を支える業務や、知的財産、ファシリティ業務、ISO認証業務といった業務を管轄することも。会社全体を見渡しながら組織のバランスをとる調整役としての活躍も期待されます。

企業法務(インハウスローヤー)の転職を成功させる求人エージェントとは?>>

企業系法律事務所の採用ニーズ

上場企業では弁護士を雇うケースも増えていますが、ニーズとしては少なく報酬面でも法律事務所に比べると低めの設定です。

金融系、小売系などさまざまな業種がありますが、いずれにせよ組織の経営理念、企業文化、経営方針、組織・人員、顧客関係などへの深い理解が求められます。従って、その業界に興味が持てるかどうか、興味のある業界に法務職を見つけられるかどうかも重要なポイントです。ただし、業界によっては法令厳守軽視の風潮もあり、せっかく入社しても組織内で能力を生かせない可能性もあります。

採用の基準は企業によって様々で、英語力、転職回数、業界理解、社内の年齢バランスなど幅広い判断が行われます。

弁護士の求人事例

  • 法務関連職(東京都)

    仕事内容:Ⅰ.リーガルチェック、契約交渉、契約書作成レビュー。Ⅱ.会社法務、M&A、コンプライアンス・リスクマネジメント、Ⅲ.契約書の作成・審査、他社作成書面の審査・修正、Ⅳ.企業としてのコンプライアンス体制を教育面からサポートする業務
    必要な経験:弁護士有資格者、事業会社での企業法務経験を持つ方、英語力読み書きレベル
    ※迅速に行動でき、柔軟な思考ができる人、コミュニケーションスキルの高い人が求められています。
    年収:700~1,500万円

  • グローバル法務(東京都)

    仕事内容:日本文、英文契約書の作成並び確認、知的財産訴訟、製造物責任訴訟に関する戦略構築及び対応
    必要な経験:法務関連の経験3年以上、弁護士・弁理士有資格者、ビジネスレベルの英語力、英文契約書の作成並び確認がスムーズにできる方歓迎
    ※扱う製品や技術的なことに対し興味が高い人、海外の方とも臆せずに交渉できる人
    年収:500~800万円

  • ライフサイエンス業界の法務(東京都)

    仕事内容:契約書、同意書、論争解決のプロセスサポート、コンプライアンスマネジメント、社員教育、訴訟管理など。
    必要な経験:弁護士、行政書士、司法書士などの法律に関した資格保有者歓迎、4~5年の就業経験必須。
    ※日本語を母国語とし、流暢レベルの英語力がある方が求められています。
    年収:900~1,100万円~