失敗しない弁護士の求人探し方ガイド

弁護士の転職に役立つ求人エージェント徹底比較

法律事務所(渉外・国内・ビジネス)

ここでは、渉外・国内・ビジネス案件を取り扱う法律事務所の特徴や採用ニーズを解説します。

渉外・国内・ビジネスを扱う法律事務所の特徴

弁護士の転職パターン・法律事務所

おもに、海外や国内の企業取引、大型訴訟などを行う大企業の事務所で、取り扱い案件は多岐にわたります。

ビジネス法務はM&Aや独禁法、労使関係、不動産取引、国際取引といった複雑な案件が多く、仕事量も多いため、専門弁護士が複数でチームを組むことも。パートナーの下、いくつかの専門グループに分かれて動くことが多いようです。大きな組織なので、一般企業法務だけでなく、バンキングやストラクチャードファイナンスといった金融法務、倒産、事業再生、訴訟業務、知的財産業務などの先進的な企業法務に携わることもでき、大きな案件を積みながらキャリアアップが図れます。

法律事務所に入所すると、まずは下働きがメインなので案件の全体像がつかめない、部分作業のため達成感が得られないといった不満を持つ人もいますが、組織的に安定しており、弁護士業務に専念できる環境が整っているというのは大きな魅力です。

法律事務所への転職を成功させる求人エージェントとは?>>

渉外・国内・ビジネスを扱う法律事務所の採用ニーズ

一般的に、大手法律事務所になると年収は初年度で700~1,000万円、準大手で700~800万円と高額です。

金銭的な満足度が高く、社会的な評価も得られますが、当然のことながら求められるレベルも高く、拘束時間が長いため仕事のストレスに打ち勝つ忍耐強さが問われます。

また、グループに分かれて各分野の業務を遂行していくため、自分の専門性や得意分野もキーになりますし、メンターとなる中堅弁護士との相性も肝心です。

弁護士の求人事例

  • 弁護士業務全般(東京都)

    仕事内容:企業法務、M&A、知財、倒産、独禁法等の企業法務が中心
    必要な経験:弁護士有資格者、海外弁護士有資格者尚可、特殊業務の経験ある方歓迎
    ※この事務所はポテンシャルを最重要視しており、業務への意欲が問われるようです。
    年収:800~1,000万円

  • 渉外弁護士(東京都)

    仕事内容:コーポレート関連業務、訴訟、一般民事、クロスボーダー案件(英語堪能な方)、会社法、倒産、再生、知財、M&A、独禁法等
    必要な経験:弁護士有資格者、実務経験3年以上、英語が堪能な方、留学経験ある方尚可
    ※コミュニケーション能力が高く、仕事に真面目に取り組める人柄や向上心がある方が求められています。
    年収:800~1,200万円

  • 若手経験弁護士(東京都)

    仕事内容:コーポ―レート関連業務、訴訟業務、ファイナンス業務
    必要な経験:弁護士有資格者、実務経験2年以上、英語もしくは外国語が堪能な方
    ※コミュニケーション能力が高く、明るく真面目な人間性が求められています。