失敗しない弁護士の求人探し方ガイド

弁護士の転職に役立つ求人エージェント徹底比較

求人エージェントを利用する

弁護士の転職を成功させるには、求人エージェントを利用するのが早道です。メリットやサポートしてくれる内容などを詳しく解説します。

弁護士が求人エージェントを利用するメリットとは?

効率良く転職を成功させるためには、リーガル分野特化の求人エージェントを活用するのが最も賢い方法と言えます。

求人エージェントを利用するメリットは、キャリアと目標にベストマッチする適職を提案してくれること。転職目的、悩みに応じてプロのコンサルタントによるサポートが受けられるので、転職希望者と求人企業・事務所の双方のメリットになります。孤独に陥りやすい転職活動において、冷静かつ客観的に自身を判断してくれるコンサルタントが居るのは大きな安心にも繋がるはずです。

さらに、転職希望者が負担する費用はゼロ。採用が成立すると、求人企業よりエージェントにコンサルフィーが入る仕組みなので転職希望者は一切費用がかかりません。

仕事しながらでもOK!転職活動全般を丁寧にサポート

エージェントが希望にマッチする求人を探してくれるので、在職中で求人情報の入手に時間が取れない方でも安心。

一人ひとりの強みをアピールする履歴書の書き方や面接サポート、面接日程の調整代行などのきめ細かなフォローに加え、自分では聞きにくい、条件交渉や入社日の交渉まで代行してくれます。

転職活動全般に渡る強力なサポートが得られるので、転職が非常にスムーズに進められるのです。

非公開求人の情報も手に入る!

企業や事務所が弁護士会や自社ホームページに記載する求人情報を「一般公募求人」と呼びます。これに対し、不特定多数に情報を公開せず、人材紹介会社などの限られた所に求人情報を提供するのが「非公開求人」です。

公開すると応募が殺到してしまうような、おいしい条件の求人が非公開求人として扱われる傾向にあります。

採用側のメリットとして、非公開求人の場合は人柄やスキルのマッチングを精査できるため人材紹介会社を利用する企業・法律事務所は年々増えており、非公開求人も年々増加しています。

長年、人材紹介を行っている会社なら企業・法律事務所とのパイプも太く、転職前に就業先の内情を知ることも可能です。

弁護士の転職先といっても業種はさまざま。色々な可能性もあります。自身の経験を最大限に活かせる転職先を見つけるためにも、エージェントの活用を強く推奨します。