失敗しない弁護士の求人探し方ガイド

弁護士の転職に役立つ求人エージェント徹底比較

キャリアパスの設計

弁護士が転職する前に必ずやっておくべきなのは、キャリアパス設計。未来の自分を描くのは早ければ早いほど良いといわれています。

転職活動の前に!未来の自身の姿を描くべき

弁護士という職業は、その業種における深い知識と理解が求められます。そのため、業務内容を途中で変更したり、キャリアの途中でのキャリアチェンジが難しい傾向にあります。

企業法務は企業法務のプロ、一般民事は一般民事のプロを目指す方がキャリアアップも期待できるため、働き方を変えたいと思っても条件を満たす職場がなかったり、報酬面で妥協せざるを得なかったりします。

例えば、企業法務から法律事務所に転職したくても、顧客を持たない弁護士を中途採用する事務所は少なく、法律事務所から企業内弁護士を目指す場合は、マネジメント経験を必要とされない若い年齢のうちに転職することが重要になってきます。

現在、転職を考えている弁護士の方は、自身のキャリアパスの設計をする必要があります。

早い年齢からのキャリアパス設計が成功の秘訣

キャリアパス設計はできるだけ早くするに越したことはありません。若くして夢を実現する多くの方は、自己研鑽や環境をうまくキャリア形成に生かすとともに、早い段階でキャリア設計をしている点が共通しています。

転職は、予期せぬタイミングで訪れることも多いものです。転職をすると決めてから転職先選びを始める期間は短く、キャリアの棚卸しや将来のキャリアアップのイメージづくり、情報収集に時間を取れないまま就職先を決めるという、危うい状況に陥ってしまいます。

転職前からキャリア設計をしておけば、そのようなリスクを最小限に抑えられるのです。キャリア設計をしている方は、絶妙なタイミングで転職をします。転職する時期、年齢を熟慮することは成功するための鍵となるのです。

エージェントのキャリアカウンセリングを利用するのもひとつの手段

では、実際に、キャリア設計をするにはどうすれば良いのでしょうか。

書籍やインターネット等で情報収集するのも良いですが、転職事情に詳しいエージェントのキャリアカウンセリングを受けるのもひとつの手段です。コンサルタントから得たさまざまな情報はキャリア設計のヒントとなるからです。ただし、コンサルタントが持つ知識の量や情報の質はエージェントにより差があるので、複数のエージェントに相談するのがおすすめです。業界のニーズや市場動向を把握し、的確なアドバイスが受けられるエージェントを味方につけることも転職成功の近道となります。